温泉について

100%源泉掛け流し

当温泉はすき透った豊富な湯量を誇り、石ケンのよく溶ける弱アルカリ性の天然温泉です。
肌がつるつるすべすべになるところから名付けられました。
まろやかな湯で旅の疲れをいやし、心まであたためてくれる、そんな温もりにこのうえない旅情を感じていただけることでしょう。
また、野趣ゆたかな露天風呂は四季の移ろいを肌に感じて、旅ならでは愉悦にひたることができます。
日帰りの入浴時間は11:00~21:00までとなっております。

100%源泉掛け流し

温泉の性質

泉質 単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)
療養泉分類の泉質に基づく禁忌症、適応症等は次のとおりです。
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻樺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、尿病、慢性婦人病、きりきず。禁忌症:下痢の時。適応症:糖尿病、痛風、便秘。
禁忌症 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、 腎不全、出血性疾患、高度の貪血、その他一般に病勢進行中の疾患、 妊娠中(特に初期と末期)、皮膚、粘膜の過敏な人(特に光線過敏症の人)。
泉温 浴場46.0℃(気温:11.2℃)H 湧出量:※L/min 動力揚場)
知覚的試験 無色澄明 無味 微弱硫化水素臭
pH値 9.5

一般的注意事項

入浴の方法及ぴ注意
  1. 熱い温泉に急に入ると、めまい等を起こすことかあるので十分注意をすること。
  2. 入浴時間は入浴温度による異なるが、初めは3 分ないし10 分位とし、なれるにしたがって延長してもよい。
  3. 人浴中は運動浴の場合は別として、一般には安静を守ること。
  4. 入浴後は湯冷めに注意して一定時間の安静を守ること。
  5. 高度の動脈硬化症、高血性症及び心臓病の患者は原則として、高温浴(42℃以上)を禁忌とする。
  6. 入浴後は身体に付着した温泉成分を水で洗い流さないのがよい。ただし、「湯ただれ」を起こし易い人は逆に浴後真水で身体を洗うか、温泉成分をふき取るのがよい。
  7. 食事の直前、直後の入浴は避けることが望ましい。
  8. 飲酒しての入浴は特に注意すること。
  9. その他
飲用の方法及び注意
  1. 飲用の1 回量は一般に100mlないし200ml程度とし、その1 日量はおおむね200mlないし1,000mlまでとする。
  2. 一般には食前30分ないし1時間がよい。
  3. 夕食後から就寝前の飲用はなるべく避けること。
  4. その他

塩別不動尊の縁起

塩別不動尊の縁起

大正15年農業を経営していた故岩瀬禎助氏がハッカ草の蒸溜作業中、誤って全身に大火傷を負い生命が危くなったとき、塩別温泉の湯を家まで引いて湯治をするとともに日頃から信仰していたお不動様に一心にお祈りしたところ、火傷は奇跡的に快癒したのです。

岩瀬家ではお不動様に感謝し、昭和8年2月温泉裏の山腹地に不動尊をお祀りしたのが縁起であります。

その後、故佐野準一郎氏のまき夫人が昭和37年5月平地にお遷ししました。昭和61年7月地元有志及び関係者により、現在地にお不動様御遷座が行われ、これを機に千葉県成田市の大本山成田山新勝寺より講社の承認を得てその名を“成田山塩別不動尊”と尊称し、例大祭祀を毎年7月28日と定め現在に至っております。


【お問い合わせはこちらから】ご予約:TEL 0157-45-2225 / FAX 0157-45-3097