館内施設について

スナックルピナス
食後のひととき気分をかえてお酒やカラオケを楽しめるルピナスは個人でも、グループの二次会としてもご利用いただけます。(最大30名まで収容可能)
売店
地元特産品をはじめ、当温泉ハウス栽培のトマトや苺など多数取り揃えています。またガラスカレットを使用した網走流氷硝子館の商品も、お手にとってご購入いただけます。

 

大広問
ご宴会や会合などに最大120名まで収容が可能な大広間です。カラオケや音響機器もございます。お気軽にご相談ください。

 

レストラン 白樺
朝食はこちらのレストランでバイキングとなります。
11時30分よりランチ営業もあり、こ入浴のみをこ希望のお客様のために、日帰り入浴セット(入浴+食事)のご用意もございます。
成田山塩別不動尊

成田山塩別不動尊
塩別不動尊の縁起
大正15年農業を経営していた故岩瀬禎助氏がハッカ草の蒸溜作業中、誤って全身に大火傷を負い生命が危くなったとき、塩別温泉の湯を家まで引いて湯治をするとともに日頃から信仰していたお不動様に一心にお祈りしたところ、火傷は奇跡的に快癒したのです。
岩瀬家ではお不動様に感謝し、昭和8年2月温泉裏の山腹地に不動尊をお祀りしたのが緑起であります。その後、故佐野準一郎氏のまき夫人が昭和37年5月平地にお遷ししました。昭和61年7月地元有志及び関係者により、現在地にお不動様御遷座が行われ、これを機に千葉県成田市の大本山成田山新勝寺より講社の承認を得てその名を成田山塩別不動尊”と尊称し、例大祭祀を毎年7月28日と定め現在に至っております。
 
【おんこの木】
北海道の方言で「おんこ」と呼ばれる「いちい」の木。古<から庭園や神社の主木としてその枝は神車の玉串に用いられ、神樹として人々に敬愛されています。当館の母体である野村興産元社長が留辺粟の知人とともに開業当初前庭に植樹をしました。改築に伴い移植されましたが、丁寧に剪定された美しい姿は今も敷地内に点在しています。
【竜神様】
館内敷地の裏手には創業当時から小さな祠があります。祠の中にはまるで蛇か竜が巻き付いているように見える石、「蛇石」が祀られています。その昔、山肌から源泉が湧き出ていたところにこの蛇石があったとも伝えられています。蛇石には昔から不思騒な力が宿るとも云われているため、今でも毎月28日にはお供え物をあげ、祀っています。竜神の濡の名称はこの蛇石から名付けられたとも云われています。
 
PAGETOP
ご予約お問い合わせ/お電話 0157-45-2225
ただ今、当サイトからのご予約で
表示価格より5%割引中!
Copyright © tsurutsuru onsen All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.